多聞内神道武道HOME   →    多聞内神道武道グループ広報TOP     空海大師「般若心経秘鍵」

            
              空海弘法大師著ー「般若心経秘鍵」が発刊されました。

   
 
   長尾豊喜道長が空海大師著「般若心経秘鍵」を出されました。
   もちろん楊式太極拳の教材としての 出版ですが、本意は、今度の震災の追悼を祈願して書かれたものです。
   空海大師の「般若心経秘鍵」 は、般若心経の最高の解説書であります。この書物は、仏教学者でも、僧侶でも及ばないほどのレベル の、原典、上表文、梵字まで
   わかりやすく解説した完全版で、現代における最高の名著でありましょう。
   多くの、武人、文化人ほか、自然家にこの名著が読まれることを希望いたします。 この書物によって、少しでも、被災地に希望の光が贈られることを念願いたします。

空海弘法大師著、「般若心経秘鍵」解説























 特徴1;  
 「般若心経」は、これひとつで仏教のあらゆる宗派の真実を含むとされます。
 しかし、実際に、その理論と奥義と用法を知るには弘法大師の「秘鍵」を学ぶ
 必要があります。
 なぜなら、「般若心経秘鍵」が、最も深く正しい「般若心経」の解説書だからです。
 しかし、「般若心経秘鍵」は難解です。よき解説書は皆無なのが現実でした。
 この書物は、平安時代から現代までにおいて、最もわかりやすい、完全版にて
 「般若心経」を解説しております。
  
 特徴2;  
 全原典のほかに、上表文、梵字(著者の実筆にて)も解説されています。
 また嵯峨天皇に関する史実なども含まれ、「般若心経」を真に理解できる
 歴史背景も説明されていて、悟り深く読むことができます。
 また、弘法大師の実筆般若心経が紹介されております。
 「仏法は遥かにあらず。心中にして即ち近し」
 と云われた弘法大師空海阿闍梨の、天才の理論が理系的に学ぶことが
 できます。

 
 特徴3;        
 「般若心経」は、実は自然哲学に近く、聖書や西洋の哲学、老子経などと、
 深く、重なります。
 あらゆる魔を追い、奇蹟を生み、幸運を運ぶとされる「心経」を真に理解して、
 その通力を得るためには、聖書や老子経などとの比較は、とても大切なこと
 なのです。
 しかし、現代まで、そのような解説書物は、残念ながらほとんど皆無でした。
 この書物は、ある意味では現代における最高レベルの霊書とでも呼べるもの
 です。
 空海弘法大師のお心を、現代にこれほど深く伝えきった書物はありません。
 「般若心経」には多くの解説書が出ています。
 しかして、真の「老子経」の解説書が少ないように、空海大師に比較いたします
 と、どの解説書も、ほとんど児戯、幼稚な理論にみえましょう。
 是非とも、本物の「般若心経」を解説した書物に触れてほしいのです。

 
 特徴4;
 「般若心経」は、宗教者だけが読む経典ではありませんでした。
 古来、職人やサムライ、求道者、普通の人たちが、人生を深めたり、人生の
 極意をつかむために研究しました。
 特に、江戸の職人や匠たちが、「秘伝や奥義」といって、技を盗み、学ぶ、修行
 するありかた(身と口と意)を、空海大師から継いできたのです。
 「般若心経」とは、このような自然家、技師、庶民の仕事の原点、追及の原点
 でもあったのです。
 自然のなかは秘密で溢れています。
 人生は、それゆえに秘密のもの、知らないものがほとんどです。
 空海大師の教えは、そこを照らしております。
 この書物は、このような空海大師の素晴らしさを最も修行面から伝えてくれ
 ます。
 あらゆる武道家や自然家、求道者にとっては、最高の友とできる書物です。
 また、悲しみ、苦しみ、不安と戦う方がたにとって何よりの支えとなりましょう。
 そして、空海大師は、ともに歩いてくださる力だと、よく理解できる一書です。